ヘルパー 2

どうやら台風。気象庁も予想がつかないのか、予報がどんどん変わっています。大きな台風ではないのですが、今日は!!・・・待ちに待った、劇団四季の「ユタと不思議な仲間達」の公演日。

発売日には、2人の子を連れて30分前から並んで取ったチケット☆前から3列目の真ん中が取れて、「みるぞー!」と喜んでいたのに。。劇団員達は、石垣にやってこられてるのでしょうか?そして、警報はでませんでしょうか??あぁ・・冬に台風なんて!!ありえない!!!

さて。。ヘルパーの続きです。

民宿ヘルパー。

 

 

そう。本当に楽しくて、あっという間の半年でした。あんな経験はもう二度とできないし、本当に行ってよかったと、許してくれた両親にも感謝している今日この頃です。

私がいたのは、西表の上原。別名「西表の銀座」。と呼ばれるところ。

銀座といっても、商店が1つと、喫茶店が1つ。後は民宿ばっかり・・。

もちろんスーパーもなく、ゲーセンもなく、レンタルビデオもなく、とにかく何もありません。

最初はちょっと辛かったし、ホームシックになりました。でも、何もないと、何もない中で楽しもう!という気になってきます。

まず、海。いつでも泳げて、毎日違う色を見せてくれる海。(私はあまり泳がず、眺める派です)

そして、星。夏の西表の星は、言葉では言い表せないくらいすっごいです。言葉で言うと「気持ち悪い」くらいの星の数!堤防に寝転がって星を見ていると、びゅんびゅん流れ星は流れるし、空は星で埋め尽くされるくらいの素晴らしさ。

この星空は、今住んでいる場所では見られません。(石垣のずっと端のほうに行けば見られるかな)

そして、当たり前のようにみんなの口から「今日は大潮だっけ?」「満月だから大潮だね」「じゃぁ、今の時間は潮がひいてるね」と、を見て毎日の過ごし方を決めていました。

西表にきたからのんびり過ごそうと思っていたら、西表は楽しめない。自然を相手にする島だから、月を見て、潮を見て、それにあった楽しみ方をする。カヌーにしても、泳ぐにしても」と民宿のおじさんは言っていました。

島では、月の存在がすごく大きかったなぁ。と今さらながら感じます。

また、ヘルパー部屋は、6畳の部屋に3人ずつ。クーラーはなく、扇風機が一人一台与えられていました。一緒に寝起きし、一緒に働き、毎日一緒。なので、ぶつかる時はとことんぶつかります。怒鳴りあいの大喧嘩になったことも(^^ゞ今から思えばいい思い出です。

コレを読んで下さってヘルパーに興味を持った方、時間があればぜひ一度やってみてください。できれば半年以上。もしかしたら、人生が変わるかもしれません・・よ(#^.^#)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ヘルパー 2

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ayayaya.net/mt/mt-tb.cgi/7

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2007年11月28日 09:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「民宿ヘルパー 1」です。

次のブログ記事は「脳性麻痺」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.23-ja

<お気に入り>