胎内記憶

子供の記憶力ってすごいですよね。

ちょっとしたことでも、覚えてる。

うちの長男も、もうすぐ3歳。

あるリゾートホテルの前を通ると「アイス食べたよね~。おかあさん、暗くてこわいよ~っていったよね」

と、半年くらい前に、ホテルでアイスをみんなで食べた事を話し出し、その時に外の夜景が見られるエレベーターに乗って最上階に行ったけど、真っ暗でこわくて「早く降りようよ」といったこと、まだちゃんと覚えてるんだなあと感心しました。

何気なく言ったことも、何気なくやったことも、しっかり覚えています。

大人の機嫌で、子供に適当に相手していたらダメだなぁと、つくづく思う今日この頃。

そんな「生まれてからの記憶力」

とは別に

『胎内記憶』というのがあるのをご存知でしょうか?

胎内記憶とは、母親の胎内にいた時や出産時の事を、赤ちゃんや子供(乳幼児)が記憶しているという事です。

ずいぶん以前から、胎内記憶が存在すると言う事は知られていたようです。最近になって、比較的多くの子供が胎内記憶を持っているということが分かってきました。

現在のサイエンス(医学、発達心理学)では「胎内記憶はありえない事」とみなされてきました。そして、胎内記憶が「いわゆるオカルト、あるいはそれに近いもの」とみなされてきたことは否定できません。そのために、医学や科学の分野では、胎内記憶を研究することがはばかられてきたと言う背景があるのかもしれません。

その理由の一つとして
・子供が大きくなると、ほとんど、胎内記憶を忘れてしまう
・誤った記憶・思い込み・妄想などとの客観的区別がつきにくい
・そのために、誰もが納得できる証拠が少ない
・胎内から外が見えた、胎内に入る前の記憶(受胎前記憶*)があるなど、説明しにくい記憶がある
ことがあると思います。
「赤ちゃんはおなかの中のことを覚えている」というと、「そんな非科学的な」と思われる方もいるでしょう。最近では、子どもたちの30%ぐらいに胎内記憶があることがわかってきたのです。しかも、その記憶は、音や色、におい、味、温度など五感のすべてにわたっていました。

 実際に、赤ちゃんの聴覚は妊娠18週ごろから聞こえ、妊娠28週ごろには音楽を聞き分けられるほど発達していることがわかっています。最近では視覚が妊娠7~10週ごろから発達し始めることもわかってきました。さらにほおの皮膚感覚も、妊娠10週ごろには温度などを感じ取ることができるといわれていますから、おなかの赤ちゃんは、大人が思っているよりもたくさんの能力を持っているといっていいでしょう。

 胎内記憶だけでなく、生まれるときの記憶=誕生記憶を持っている子どもたちもいます。その割合は、胎内記憶を持っている子より少し低くなって20%ぐらいです。「楽しかった」とか「気持ちよかった」というポジティブな記憶を持っている割合を調べてみると、安産だったと思っているママから生まれた子に比べて、難産だったと思っているママから生まれた子のほうにやや少ないという結果が出ました。出産のときには、オキシトシンという子宮を収縮させるホルモンが出ますが、これには記憶を消す作用があることがわかっていますし、ストレスホルモンであるコルチゾールにも、同じような働きがあることが知られています。これらのことから、出産のときに、もし赤ちゃんが「つらい」とか「苦しい」などネガティブな気持ちを持ったとしても、その多くは消されるのではないかと思われます。おなかの中ですでに赤ちゃんに五感が備わっていることと考え合わせると、「人間はみなおなかの中にいたとき、いろいろなことを感じているけれど、大部分は出産のときにその記憶を消されてしまう。それが消されずに残ったものが胎内記憶や誕生記憶である」ということができるでしょう。

 

この胎内記憶、うちの長男にはないようです(^^ゞ

一生に一度しか質問できないと聞き、しかも、3歳になるかならないかの、会話ができるようになった頃がチャンス!ということなので、聞いてみました。

が、「知らない」

と言われてしまいました^^;

でも、どこかで聞いたことがあります。赤ちゃんは、お母さんを選んで生まれてくるということ。

それが本当なら・・・

お母さんを選んでくれてありがとう。と、心から思います(#^.^#)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 胎内記憶

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ayayaya.net/mt/mt-tb.cgi/22

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2007年12月14日 07:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キャラ弁」です。

次のブログ記事は「ベビーサイン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.23-ja

<お気に入り>