モンスターペアレント

モンスターペアレント。

と言う言葉をご存知ですか?

モンスターペアレントとは、学校に自分をあわせるのではなく、
全体を私個人にあわせるようにさせる態度をする親のことです。
授業中に乗り込んでいって「こんな授業は聞くな」といってみたり、
リレーの選手を決める日に長靴をはいて登校した子の親が、
「うちの子は長靴で走ったのでリレーの選手になれなかった。
もう一度選抜してほしい」と言う親とか。
また
「うちの子、叱らないでください」と先生に直訴する親、
子どもが先生に怪我をさせて、休職しなくてはならなくなった先生
怪我をさせた子の親が率先して「もう二度と教壇に立たせないように」と、
署名運動して、教育委員会に持って行こうとした、ということはありました。
そういう人に限って、
何でも権利を主張して、役員などの義務は果たさないそうです。

私も、学校に勤めていた事はありましたが、時々そういったことを聞きます。

自分の子供に勉強を教えろ!と自宅まで乗り込んできて、車の上にのっかってかえろうとしない親。

など・・・。めちゃくちゃです。

先日、モンスターペアレントではないですが、長男を連れて公園に行った時、1歳くらいの女の子と、その子を溺愛しているであろうお父さんがいました。

1つしかない滑り台。長男は滑り降りて、下のほうで止まってしまいました。

あとでおりて来たその女の子。滑り台の途中から進めずに、止まって待っていると、そのお父さんがうちの長男をにらみつけ、女の子を抱っこして下ろしました。

つぎ、女の子が滑り台を滑っていると、後ろからうちの長男が滑りました。1歳と3歳。滑るスピードが違うため、女の子にぶつかってしまったのです。軽く・・・。

するとお父さん激怒!

「前の子が滑っていたら、滑るな!!」と切れてしまいました。

私も長男に注意はしましたが、そこまで溺愛して育てたら、いざ幼稚園に入ったときなど困るのはお嬢さんのような気がします。が。。

その後、さすが石垣のちびっ子たち。集団でやってきた子供たちが思い切り滑り台を滑り始めました。もちろんぶつかり合い!

すると、その溺愛父さん。すぐに娘を連れて帰ってしまいました。

こういう人がなるのかな。モンスターペアレント。

と、なんかしっくりしない公園遊びの日曜日になってしまいました(・・;)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: モンスターペアレント

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ayayaya.net/mt/mt-tb.cgi/24

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2007年12月17日 12:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ベビーサイン」です。

次のブログ記事は「お好み焼き」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.23-ja

<お気に入り>