七草

我が家で作るか作らないかは別として・・

明日は、七草。七草粥を食べる日ですね。

母に作ってもらったこともありますが、別にそんなに美味しいものではないような^^;

一月七日は七草の日。
「人日(じんじつ)の節句」「七草の節句」ともいわれ今では「七草粥」を食べる日になっていますが、もともとの原形は中国から伝わったもので、旧暦の一月七日は、新年の占い始めの日であるとともに朝廷や幕府に年賀を述べる日でした。平安時代に「七草粥」を食べることが慣例になり、江戸時代では、五節句(1/7人日の節句、3/3上巳の節句、5/5端午の節句、7/7七夕の節句、9/9重用の節句)の一つとして、将軍、諸侯が七草粥を食べる公式行事になりました。時代とともに占いから「七草粥」に重点が移り、この日に「七草粥」を食べると邪気が払われ、無病息災でいられるという慣習になっていきました。
 

「七草なずな 唐土の鳥が 日本の土地に 渡らぬ先に…トントンバタリ トンバタリ…」その昔、人々は六日の夜に七草を刻みながら七草ばやしを歌う風習がありました。唐土の鳥というのは、大陸から疫病をもたらす渡り鳥のことで、渡り鳥が日本に着く前に海に落してやろうと歌ったものです。害鳥を追い払いその年の豊作を願う考えが、七草粥の行事と混ざり合ったものと思われます

せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ

ですよね。昔祖母から、この七草の覚え方の歌を教わった気がします。

こういう昔からの習慣を大切にしていかないと、なんだか寂しい気もしますよね。

でも、・・・石垣にはこの七草。生えていないそうです^^;

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 七草

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ayayaya.net/mt/mt-tb.cgi/41

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2008年1月 6日 21:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「醤油豆」です。

次のブログ記事は「猿岩石」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.23-ja

<お気に入り>