猿岩石

今日の石垣島は、半袖・・・キャミソールでもオッケー♪のあったかい一日でした。

車の中で、思わずクーラーをかけようか。と思ったくらい(^^ゞ

でも、ガソリン高いのでやめました。

今日、インターネットでニュースを見ていて、一番ビックリした事!

元猿岩石のお笑いタレント・有吉弘行(33)が、96年に「進め!電波少年」の企画で行った「ユーラシア大陸横断」以来、約11年半ぶりのヒッチハイクの旅に挑戦していたことが6日、分かった。ドキュメントDVD「我々は有吉を訴える~謎のヒッチハイク全記録~」(2月20日発売、発売元・ポニーキャニオン)として、昨年末に東北地方を横断したものだが「-電波少年」の時と違い、今回は自ら企画を提案して実行したという。
 大きな反響を呼んだ96年の「ユーラシア大陸横断のヒッチハイク」から約11年半、有吉がまた新たな旅に出た。前回は猿岩石として相方・森脇和成とともに、香港からロンドンまでを半年以上かけて走破したが、今回は日本が舞台。山形県酒田市をスタートし、宮城県松島町まで東北地方を横断する206キロの旅。スケールはかなり小さいが、有吉自身にとっては、大きな思いを抱いてのことだった。
 この企画は、多くのお笑い番組を手掛け「深夜番組のカリスマ」と呼ばれるフリーディレクター・マッコイ斉藤氏(37)が、有吉にDVDの製作を提案。その際自ら「ヒッチハイクしたい」と企画を希望し実現したもの。
 04年に猿岩石が解散。現在、ピン芸人として活動している有吉だが、大陸横断のヒッチハイクを成功させた直後の、テレビにも引っ張りだこで、CD、著書は売れたあの輝きをもう一度取り戻すキッカケにしたい!ピュアな自分を取り戻したい!という気持ちで、あえてこの厳しい旅を申し出たという。
 撮影は昨年11月下旬に行われた。寒風が吹き荒れ、さらに出羽山地、奥羽山脈を越える厳しい条件。そこに自ら飛び込んでいった有吉。

『電波少年』で人気を博した猿岩石のふたり。そのひとりとしていまも芸人を続けている有吉が、約12年ぶりにヒッチハイクをすることになった。ヒッチハイクの様子はDVDとして発売される予定。……なのだが、撮影は思わぬ方向に向かってしまった。有吉の態度があまりにも自由奔放で、スタッフに暴言を吐いたり一般人を騙したりと、好き放題なのである。

最終的には、スタッフと取っ組み合いになったり撮影を放棄して勝手に逃げ出す始末。そのためかスタッフの怒りを買い、DVDのタイトルも『我々は有吉を訴える』になってしまったようだ。予告編で伝えられているだけでも、かなりの暴言っぷりである。そのいくつかを紹介しよう。

<有吉の暴言集>
「電波(少年)のスタッフじゃないからきついな」
「じゃあテメェ払えよ! 制作費あるだろ!!!!」
「ご主人~、金(カネ)!」
「俺のカバンに触るなコラァァァァ!!!!」
「お前なんだあの娘に色目つかいやがってよォ!」


……すさまじい暴言の数々である。ほかにも、ヒッチハイクや宿泊を円滑に進めるため、他の旅番組を装って村人たちを騙すシーンも。こんな『電波少年』で人気を博した猿岩石のふたり。そのひとりとしていまも芸人を続けている有吉が、約12年ぶりにヒッチハイクをすることになった。ヒッチハイクの様子はDVDとして発売される予定。……なのだが、撮影は思わぬ方向に向かってしまった。有吉の態度があまりにも自由奔放で、スタッフに暴言を吐いたり一般人を騙したりと、好き放題なのである。

最終的には、スタッフと取っ組み合いになったり撮影を放棄して勝手に逃げ出す始末。そのためかスタッフの怒りを買い、DVDのタイトルも『我々は有吉を訴える』になってしまったようだ。予告編で伝えられているだけでも、かなりの暴言っぷり。

<有吉の暴言集>
「電波(少年)のスタッフじゃないからきついな」
「じゃあテメェ払えよ! 制作費あるだろ!!!!」
「ご主人~、金(カネ)!」
「俺のカバンに触るなコラァァァァ!!!!」
「お前なんだあの娘に色目つかいやがってよォ!」


……すさまじい暴言の数々。ほかにも、ヒッチハイクや宿泊を円滑に進めるため、他の旅番組を装って村人たちを騙すシーンもあったという。

96年の電波少年の放送のときは、感動しながら応援してたけど。。そんな人だったのかなぁ。

それとも今回のDVDを売るための演出?

どっちにしても・・・・買いません(^^ゞ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 猿岩石

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ayayaya.net/mt/mt-tb.cgi/42

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2008年1月 7日 16:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「七草」です。

次のブログ記事は「ウラシマタロウ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.23-ja

<お気に入り>