タバコの影響

タバコが体に良くないのは誰でもご存知のはず。
確かに、あの煙・・・あれが毎日毎日からだの中に入っていると思うと、体に影響があるのは納得できます。

私はタバコは吸いませんが、
学生時代のバイト先は、従業員もお客さんもタバコタバコタバコ!!
モクモク煙の中で働いていました。
すると・・・
呼吸器の病気は全くなかった私が、バイトを始めて2年。
喘息になったのです(T_T)
今でも時々喘息の発作は出ます。
絶対に体に良くないタバコ。
吸わない私には、「タバコのよさ」はわかりませんが、愛煙家にはやめられないタバコ。
そんなタバコに、こんな意見が出ました。

「タバコ一箱の値段を1000円にすべきだ」と笹川陽平日本財団会長が提案している。時を同じくして、日本学術会議がたばこの増税と値上げを内容とした要望書を国に出した。1箱1000円時代はやってくるのか。

■消費量が減っても税収増になる

 産経新聞の2008年3月4日付けコラム「正論」に、笹川日本財団会長の主張が掲載されている。それによると、日本で320円で売られているタバコは、ロンドンでは5ポンド(1045円)。各国と比べても日本のタバコの値段は安く、

  「日本も1箱1000円とするよう提案する。現在の3倍以上になるが、たばこ増税は喫煙規制が進む世界の大勢であり、厳しい財政赤字の中、実現すれば大きな財源になる。国会には超党派の議員立法として正面から取り組んでいただくようお願いしたい」

と書いている。1箱1000円になれば、消費量が3分の1に落ち込んだ場合も3兆円を超す税収増が見込める計算で、未成年者の喫煙も抑制できるため、消費税より先に議論すべきテーマだとしている。

一箱1000円?!
1000円になったら、きっとやめる人は増えますね。
未成年にも、簡単には買えなくなってきますね。
愛煙家の方には申し訳ないですが、実現すれば大きな財源になるし、日本人の平均寿命も伸びるかも?
私のように、人の吸うタバコの煙の影響で喘息になる人も減るだろうし。。。

実現!すればいいなぁ・・・


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: タバコの影響

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ayayaya.net/mt/mt-tb.cgi/110

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2008年3月 6日 14:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「育児マラソン」です。

次のブログ記事は「米の使い道」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.23-ja

<お気に入り>