マングローブの減少 西表島

今朝の八重山毎日新聞の記事によると、
西表島の仲間川のマングローブが減り続けているとのこと。

マングローブの倒木被害調査を行うため、林野庁西表森林環境保全ふれあいセンターが仲間川流域に設けた試験地800平方メートルで、2007年12月までの2年間にマングローブの本数が15.8%(92本)減少していたことが分かった。同センターでは、06年と07年に襲来した大型台風の影響などに注目しており、今後も調査を続ける。専門家からは「すでに何らかの影響を受けていたところに台風が来て木が倒れたということもありうる」として、西表島のマングローブの生息環境全体に目を向ける必要性を指摘する意見も出ている。

試験地は05年12月、仲間橋から2.5キロ上流に位置する仲間川の右岸側に設けた。調査では、マングローブ1本ごとの位置や、樹高、人の胸の高さほどの位置の直径(胸高直径)を年1回測定している。
 その結果、試験地設置時に582本だったマングローブは1年後の06年12月には54本(9.3%)減って528本、07年12月にはさらに前年より38本(7.2%)少ない490本にまで落ち込んだ。
 試験地設置から前年12月の調査までに、八重山地方は06年9月に台風13号、07年9月に同12号、同年10月に同15号と、大型台風の襲来が相次いでいる。

九州大学農学部付属演習林の榎木勉准教授(森林生態学)は「本数の変化だけでマングローブの状況について判断することはできない」と述べたうえで、「台風が2次的な影響になっているかもしれない。すでに何らかの影響を受けていたところに台風が来て木が倒れたということもありうる」と指摘している。
 同センターは「マングローブの盛衰と外部環境との関係を明らかにするため、引き続きモニタリングを実施する必要がある」としている。

以上 八重山毎日新聞引用

とっても心配です。
マングローブは、人間が住む何年も前から、
西表島の自然の中心として、まわりの生き物たちとうまく共存し、
根強く生きてきています。
それを観光化してしまったのは人間で、その人間のために
マングローブが減っていってしまっているとしたら、本当に大変なこと、悲しいことです。
マングローブを傷つけないよう注意すると共に、
マングローブが生息する川の生態系をみださない努力、
川を汚さない、
生き物を捕りすぎない
など、今マングローブを守らないと、イリオモテヤマネコやカンムリワシのように
いつかはマングローブも絶滅危惧種になってしまうかもしれません。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: マングローブの減少 西表島

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ayayaya.net/mt/mt-tb.cgi/150

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2008年5月 6日 21:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「」です。

次のブログ記事は「阿波踊り」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.23-ja

<お気に入り>