阿波踊り

久々のブログです。
今私がいるのは徳島。
徳島で生まれ育った私は。。。

やっぱり
「阿波踊り」
の音楽に血が騒ぎます♪

そして、今日から阿波踊りの練習が近所の広場で始まりました。
この時期になると、様々な場所で、
いろんな「連」
の阿波踊りの練習が始まります。
この音が聞けるようになると、
夏が始まるなぁと感じていたことを思い出しました。
阿波踊りでは一つの踊りのグループの事を「連(れん)」と言う。徳島県には有名連と呼ばれる連が多数あり、主に阿波踊り振興協会と徳島県阿波踊り協会のいずれかの協会に所属している。いずれの協会にも属していない連もある。大抵の徳島県民には個人個人に贔屓の連があり、「あっこの連がええ」とか「ほらやっぱりここの連やろ」といった具合に、話題になることもある。

こうした有名連以外にも、踊りが好きな者同士が集まって結成した連、企業が企業名を売り込む目的で結成した企業連、大学のサークルなどで結成した大学連、気の合う仲間で結成した連、商店街で結成した連等、徳島県内には大小さまざまの数多くの連が存在する。殆どの連は先頭に連名を書いた巨大な提灯を掲げて浴衣などに名前を入れて踊っている(よって、当然提灯係のような者も毎年選定されている)。また、徳島県外には、徳島県出身者が主体となって結成した連もあり、関西を本拠地とする阿波踊りの連の中には、徳島県出身者が始めたものが多い。基本的に「連長」「副連長」からなる幹部から結成されているが、踊りの良し悪しはあまり関係していないらしい。また、演舞場まわりは基本的に連長が決めるものであるが、殆どの場合当日までどこの演舞場で踊るのかといった詳細ルートに関しては有料の演舞場や選抜踊り以外は全く決まっていないことも多いために、当日になって移動中に踊り披露となったり、時間の空いた演舞場へ急遽飛び入りということも少なくない。

また、阿波踊りのチームのことを「連」といいます。
有名連から、大学連まで色んな連が、阿波踊りを盛り上げます。


徳島市阿波踊り振興協会
うずき連、浮助連、阿呆連、ゑびす連、水玉連、阿波連、さゝ連、天保連、阿波鳴連、扇連、天水連、若獅子連、のんき連、新ばし連、無双連、葉月連
徳島県阿波踊り協会
葵連、うきよ連、菊水連、独楽連、娯茶平、新のんき連、殿様連、蜂須賀連、平和連、ほんま連、酔狂連、まんじ連、みやび連、悠久連、藝茶楽、都連、阿波扇、達粋連
鳴門市阿波踊振興協会
うず潮連、渦月連、太閤連、鳴門浮々連、なると市連、満月連、鳴潮連

私が好きなのは、「れれれの連」(笑)

「おどりは~」というかけ声に
「れっれっれ♪」

ほうきを持ってかわいい踊りで踊ります。
あれが阿波踊りか?
といえば、違うような・・・気はしますが、
阿波踊りを盛り上げてくれる連として、お気に入りです♪

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 阿波踊り

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ayayaya.net/mt/mt-tb.cgi/151

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2008年5月14日 20:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「マングローブの減少 西表島」です。

次のブログ記事は「」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.23-ja

<お気に入り>