虐待 ネグレクト

石垣島のようなのんびりしたところでも、
幼児虐待はあります。
とくにこちらは、暴力とかよりも
ネグレクト(育児放棄)が多いと聞きます。

以下 八重山毎日新聞引用

子どもを被害者とする児童虐待が全国で多発しており、沖縄県内でも2007年度に処理した児童虐待相談件数が過去最多の1091件に上った。八重山でも子どもに無関心な親が増えており、子どもの世話をしないなど養育放棄の「ネグレクト」が全体の7割以上を占めている。子どもたちを守るためには親が変わる必要があるが、地域で虐待の兆候やシグナルを見逃さないようにすることも重要。

石垣市家庭児童相談室に寄せられる虐待に関する相談状況では、2005年度に17件、06年度21件、07年度22件となっており、近年では移住者の親が地域になじめず、子どもに対し暴力でストレスを発散する事案も出ている。
 種別では、親が子どもの世話をしないネグレクトが最も多く、次いでしつけと称した「身体的虐待」、「産むんじゃなかった」など暴言を浴びせたり、子どもの前で家庭内暴力を見せるなどの「心理的虐待」となっている。特にネグレクトは成長期の子どもにとって身体的、精神的ダメージが大きいので早期解決が重要となっている。
 虐待の背景には家庭の経済的な問題で子どもが放任され、警察などの公的機関からの通報で発覚するケースも少なくない。
 最近では虐待への認識も高まっており、子どもの泣き声で通報があるなど敏感になっている。このように地域が虐待の危機を察知し、通報することで子どもたちの安全を守ることにつながるケースもある。

市保健福祉部児童家庭課の黒島玲子課長は「子どもたちを守るためにも、関係機関や地域が連携して継続的に見守り、早期発見・対応しいていくことが重要」「そのためにも、児童相談や育児相談を活用してもらい、虐待の未然防止につなげていきたい」と話す。
 児童虐待に対しては迅速かつ適切な対応が必要となっており、医療機関や法的機関との連携、育児相談や子育て支援などのサポート強化が必要となってくる。


石垣島は、子供の数がとっても多いんです。
内地では、2人が平均だと思うけど、
こちらでは、3人兄弟が普通かな?
4人も多いと思わないし、
5人になると、おぉ~大家族だね!って言う感じなんだけど
6人、7人いる家庭も珍しいわけではないように思います。

育児放棄。

子どもが多いからという理由ではすまされませんよね。
服を着替えさせない、ご飯をちゃんと与えないなど・・

でも、記事の中の「産むんじゃなかった」など暴言を浴びせたり・・
っていうところに、ちょっとドキッとしました。
産むんじゃなかったなんて、口が裂けても言わないし、思ったこともないけど、
「もういや!」とか「きらい!」
とか、イライラした時に口にした事があります。
子どもにしては、大好きなお母さんから言われるショックな一言なんですよね。
記事の中にも、「移住者で、地域に馴染めず子どもに暴力を・・」っていうのがありました。
移住を選んだのは親。
あたられるのは子ども。
そんなのは許されませんよね。

最近おこっている、秋葉原の事件や、駅のホームでの切りつけ事件。本屋の店員が殺害された事件も、
どの事件も犯人の過去や心情を調べていくと
親とのかかわりに問題があったことがあげられます。
それだけ、親子の関係が希薄になっている世の中なんだと感じます。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 虐待 ネグレクト

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ayayaya.net/mt/mt-tb.cgi/174

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2008年8月25日 10:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「台風の多さ」です。

次のブログ記事は「石垣島の小学校」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.23-ja

<お気に入り>