リゾートウエディング

石垣島での結婚式。

リゾートウエディングが今人気です。

そういう私も、
5年前に石垣島のビーチで結婚式をしました。
その時にお世話になったのが
「サロンドキミコ」さん。
石垣島では、有名なウエディングサロンです。
着付けのスペシャリストの方もいたり、
ウエディングプランナーで
賞や資格を持っている方とか、
結婚式に関しての腕もすごいんだけど、
それよりも何よりも・・
このサロンはみんなが明るい!
し、楽しいし、本当に家庭的で
みんなで結婚式を盛り上げて祝福してくれます。

サロンドキミコさんは、最近こんな結婚式をプロデュースして話題になりました。

以下 八重山日報引用

中心市街地の交流拠点として石垣市が公設市場内に整備した「ゆんたく家」で二十八日、県外出身のカップルによるリゾートウェディングが初めて行われた。新郎新婦とも八重山の伝統的な衣装に身を包み、公設市場を訪れた人たちの盛んな祝福を受けながら、愛を誓い合った。リゾートウェデングを企画した株式会社サロンドキミコ(石垣市、西島本喜美子社長)の西島本舞取締役は「石垣島が二人にとっての思い出の場所になり、流行に流されないリピーターが増えることで、まちなかの活性化につながれば」と期待した。結婚式を挙げたのは、大阪府出身の梅本達也さん(24)、広島県出身の新谷恵さん(28)=ともに大阪府在=。一年半前に石垣市で知り合い、来月に入籍、八月には大阪でも結婚式を控えている。同社は二人のために、八重山の伝統的な家の一番座、二番座を再現した「ゆんたく家」を結婚式の場所に選定し、古式ゆかしい「あいなーよい」(婚礼)を企画。昔のしきたりにのっとり、一番座と二番座の鴨居には紅白の紙を重ね、結婚式の時刻を書いた「トキ」を飾った。新郎新婦の衣装は、八重山博物館で保管されている花嫁人形の衣装などを参考に、伝統的な婚礼衣装を一週間で新調。花嫁の髪は、八重山独特の「ブリビシアカマジ」で大きく高く結った。式では新郎新婦の指輪交換や、誓いのキスなどが行われた。式のあとは訪れた人たちが作った花道をくぐり、花ふぶきを浴びた。


どんな希望も、できるだけ叶えようとしてくれるサロン。
それが、サロンドキミコさんです。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: リゾートウエディング

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ayayaya.net/mt/mt-tb.cgi/177

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2008年9月 3日 09:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「嵐の前の静けさ」です。

次のブログ記事は「バリアフリー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.23-ja

<お気に入り>